嘔吐の原因ナビ TOP → 嘔吐の治療 慢性膵炎を治す

慢性膵炎を治す

慢性膵炎(まんせいすいえん)は、慢性的に膵臓に障害が生じるということからそう呼ばれ、その原因は多岐にわたります。

まず、外的要因によって膵臓に持続的な障害が生じると、炎症が起こって膵臓の細胞が破壊されてしまいます。膵臓の細胞が破壊されると実質の線維が異常に増えて硬くなるので、そこから色々な症状が生まれてきます。このようにして膵臓に障害が生じてしまうと元の健康な膵臓に戻すことは極めて難しいと言われています。

現代人の慢性膵炎にかかる確率は以前より確実に増えていて、男性よりも女性の方がかかることが多くなっているとも判明しています。

慢性膵炎にかかると、まず最初に腹部の上や腰や背に痛みを感じます。これは慢性膵炎の初期症状です。痛みは人によって様々でそれほど傷まないものから耐えがたいほどに痛むものがありますが、共通して言うとどの場合も痛みは断続的に続きます。また、その他の症状としては吐き気や食欲不振、腹部の膨張などがあります。

時期を重ねるにつれ、ある程度の段階が重ねられてそれらの初期に感じる症状は目立たなくなっていきます。しかし、これは決して回復の兆候ではなく、これからが症状の本番だというサインだととらえた方が賢明です。時期がたつにつれて下痢や体重減少などと言った様々な深刻な症状に悩まされることとなります。

慢性膵炎の原因はアルコール飲料の摂取が主なものだと言われています。もちろん病院の治療で治すことはできますが、基本的な生活習慣としてアルコール飲料の摂取を考え直して予防をしっかりしておくとよいでしょう。

嘔吐の治療


プラビックス 添付文書
プラビックスの添付文書なら医療関係者向けの製品情報サイトで!