嘔吐の原因ナビ TOP → 嘔吐の治療 胃腸炎を治す

胃腸炎を治す

胃腸炎は急性、感染性、ウイルス性、感冒性、ストレス性など様々な性質のものがありますが、基本的にどの症状にも共通した処置が取られます。胃腸炎の場合は性質や原因が突き止めにくいので、そういったことからオールマイティに使える治療法が考案されたとも言えます。

胃腸炎には風邪などの病気と同じように根本療法の治療法や薬はありません。その代わり、下痢や嘔吐などの表面的な症状を抑えたり軽減することによって治療が行われます。

胃腸炎の治療には、薬物療法と食事療法があります。今回はこの二つの治療法についてご説明します。

まず食事療法です。胃腸炎の食事療法では食感が柔らかくて消化に良く、胃腸に負担のかからない食べ物と十分な水分を摂取することがすすめられています。胃腸炎の治療において水分をしっかり摂ることは必要不可欠なことです。嘔吐が苦しいときでも少しずつに分けて水分はしっかり摂るようにしましょう。また、この場合は炭酸飲料やお茶などで水分を補うことは適していないとされています。

次に薬物療法です。これは胃腸炎の症状が極端に重いとき、点滴で投与されます。この場合、病院に入院しての治療が行われます。また、胃腸炎の薬は今日、良質な薬が数多く開発されているので、殆どの場通院で治療が可能です。

入院での治療は病院からの管理があるのでスムーズに治療を進めることができますが、食事療法などはなかなか自分でのコントロールが難しく、自分自身のコンディションによって治療の過程を狂わせてしまうことがあるので注意しましょう。

嘔吐の治療


レーシック
レーシックなら患者さんとの信頼関係を重視する吉野眼科で!