嘔吐の原因ナビ TOP → 嘔吐の治療 急性胃炎を治す

急性胃炎を治す

急性胃炎とは、嘔吐の病気のページでご紹介したとおり、胃の病気の中で最もかかりやすい、メジャーな病気だと言われています。胃の粘膜に炎症が起こることが原因で、急性胃炎にかかるとまずみぞおちあたりに痛みを感じ、胃が膨らむ感じがしたり吐き気を感じたりします。「急性」という名前が付いている以上は比較的短期間で治すことができますが、症状の辛さは決して侮れないものです。

こうした腹痛や吐き気の辛さから一刻も早く解放されるためにも、早めに治療を受けることが大切なこととなります。まずは病院に行って診断を受けましょう。

急性胃炎の治療は一般的に臨床診断の形をとって行われます。急性胃炎は原因によってそれぞれ症状の深刻さや種類が異なってくるので、原因に応じての処置をとることとなります。

まず、暴飲暴食や偏った食事などの日常生活の習慣からの急性胃炎には、制酸薬、H2受容体拮抗薬(H2ブロッカー)、プロトンポンプ阻害薬(PPI)、胃粘膜保護薬などといった薬物治療が行われます。暴飲暴食による急性胃炎は比較的軽症なので、薬物治療で解決できます。また、直接の原因は食習慣なので、治療の一貫として食習慣の見直しを指示されます。

症状に腹痛や嘔吐だけではなく、吐血までもあらわれたらこれは症状が重いとして消化器専門医で内視鏡検査を受けましょう。この場合、急性胃炎ではなく胃潰瘍などといった深刻な病気の可能性があるので、急性胃炎にかかった際には症状をしっかり把握しておくことが必要です。

嘔吐の治療


マイスリー 副作用
マイスリーの副作用なら医療関係者向けの製品情報サイトで!