嘔吐の原因ナビ TOP → 嘔吐の治療 急性腹膜炎を治す

急性腹膜炎を治す

急性腹膜炎とは、一般に言うと腹膜の炎症のことです。「急性」とは症状が続く期間が比較手短く、治療も短期間で済むことからそう呼ばれています。

急性腹膜炎の原因の鍵となるものは文字通り「腹膜」です。この腹膜とは腹腔内を覆っている膜のことです。正常な状態であればこの腹腔内は無菌状態なのですが、異常が起こると細菌感染や物理的および化学的な刺激や有害な物質からの反応によって炎症が起こってしまいます。この症状のことを「腹膜炎」、そして急性のものを「急性腹膜炎」と言います。

急性腹膜炎はそれ自体で症状となって現れるケースは少なく、ほとんどの場合が他の病気との合併症のかたちを取って起こります。この場合、細菌分子や化学分子が原因として挙げられています。これらが他の虫垂炎や胆嚢炎、胃潰瘍などの症状と合わさり、九星腹膜炎を起こしたりその症状を悪化させたりするのです。

急性腹膜炎にかかると、慢性的な激しい腹痛を感じることとなります。他の症状として発熱や嘔吐、脱水状態が挙げられ、大変辛い症状です。

治療は腹部の画像検査や血液検査などを経て行われます。症状が比較的軽い場合には薬物投与で済む場合がありますが、基本的には早期に手術を行うこととなります。急性腹膜炎は治療が短期間で済むものなので、なるべく早くに治療を受けるようにしましょう。早期に症状に気づいて病院で診断を受けることができれば何よりですが、それが後れを取ると症状が悪化したり治療が困難になります。

嘔吐の治療


白衣 スクラブ
白衣のスクラブなら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!

ディレグラ 添付文書
ディレグラの添付文書なら医療関係者向けの製品情報サイトで!