嘔吐の原因ナビ TOP → 嘔吐の治療 急性虫垂炎を治す

急性虫垂炎を治す

盲腸について扱ったページでご説明したとおり、虫垂炎とは盲腸のことを指します。この場合、普通の虫垂炎とは治療期間が比較的短くても回復させることができることから「急性虫垂炎」と呼びます。

盲腸は他の病気と比較してそれほど深刻なものではありませんが、腹部の痛みや嘔吐など、症状が辛いということには変わりはありません。また、そのまま耐え続けていると万が一の場合命の危険に瀕してしまうことがあるため、早急に病院に行って治療をしてもらうことが賢明かつベストな処置だと言えます。絶対に放置しておいてはいけないということです。

急性虫垂炎の治療は、基本的に手術で盲腸を切り取るという手段をとります。手術前には腹部から腸にかけての余分なものを全て出さなくてはならないので絶食を強いられることがあります。手術が行われるときは、腹部を切開するので下半身か全身に麻酔がかけられます。麻酔については炎症や症状の深刻さによって異なってくるので、手術中に戸惑わないようにあらかじめどのような環境で自分が手術を受けるのかチェックしておきましょう。

最近では手術を用いない治療方法も注目されてきているようです。腹部を切開して手術をする代わりに抗生剤などの薬物で治療を行う病院も増えているので、手術が苦手な人はそちらを試してみるとよいでしょう。

いずれにしても、発見が遅れると診断や治療の遅れにもつながって最終的には自分が公開する結果となるので、体に異変を感じたらすぐにでも病院で診察してもらうようにしましょう。

嘔吐の治療


プラビックス 副作用
プラビックスの副作用なら医療関係者向けの製品情報サイトで!

不用品処分で良い業者?岐阜
不用品処分を岐阜でならまごころ便利屋スマイルで!