嘔吐の原因ナビ TOP → 嘔吐の病気 腸閉塞

腸閉塞

腸閉塞は、「イレウス」とも呼ばれます。また、その他にも、腸捻転と呼ばれることもあります。

腸閉塞とは、内容物が腸に詰まった状態でそのままになってしまうことをいいます。腸管が閉塞すると、閉塞部位の口側はガスや腸液により拡張するため、静脈還流の動きが阻止されてしまいます。これにより、腸管壁が浮腫を起こすことから、腸管腔に水やナトリウムなどが漏れていきます。そして結果的には腸管の内圧が上昇し、動脈血流の障害が併発して腸管が開始状態になります。

腸閉塞の原因には、開腹手術の後に腸管が炎症を起こすことや、大腸ガンなどによる病気からの影響、異物を飲んだり、糸こんにゃくなどの消化の悪いものを大量に摂取したことによるダメージ、などが挙げられます。いずれにしても腸の機能の低下によって起こる病気です。

腸閉塞になると腸の動きに障害が生じるため、腸液やガス、糞便などが腸の中にどんどんたまっていきます。このようなことが起こってしまうと、排便や排ガスができなくなってしまうので、腹痛や嘔吐などの症状はさることながら、腹部が膨張するなどといった症状までも現れます。特に腹部の膨張においては、排泄できないものが腹部に蓄積されての症状なので、聞いただけでも恐ろしいものです。また、肛門の方向に進めない腸の内容物が口の方向に逆流することもあるので、できれば避けたい病気だと考える人も多いはずです。

腸閉塞の治療はなかなか複雑なものになりますが、心当たりを感じたらできるだけ早めに病院に行くようにしましょう。

嘔吐の病気