嘔吐の原因ナビ TOP → 嘔吐の病気 急性肝炎

急性肝炎

急性肝炎とは、その名の通り肝炎の一種です。肝炎の中でも1カ月か2カ月程度で治ってしまうことから「急性肝炎」と呼ばれています。

急性肝炎の説明に入る前に、肝炎についてご説明いたします。

まず肝炎とは、肝臓に炎症が起こることによって発熱や黄疸、全身に倦怠感を感じるなどの症状をまとめて総称する疾患のことです。日本ではウイルス性による肝炎にかかるケースが多いとされています。ほとんどの場合はウイルスによって引き起こされ、原因となるウイルスは肝細胞を破壊するために起こされるのではなく。肝細胞の中で増殖するウイルスに対する生体の免疫に反応して、肝細胞がダメージを受けてしまうために起こる症状だとされています。

急性肝炎にかかると、まず黄疸に悩まされることになります。黄疸が急性肝炎の初期症状だと覚えてもよいでしょう。その後に発熱や倦怠感、食欲不振などと言った症状が顕著になっていきます。また、味覚が異常に変わったり、腹痛や嘔吐、下痢などにも悩まされることとなるので非常に厄介な病気です。

また、症状が軽い場合は黄疸がでないことがあるので、急性肝炎にかかっていると気づかずに放置してしまうと、他の病気と診断されて誤った治療をされてしまうこともあります。

体の調子がおかしいと思ったらすぐにでも病院に行きましょう。急性肝炎の場合は血液検査で症状の確認をするので、自分の症状にしっかり気づいていれば謝った治療をされて逆効果になる危険性を避けることができます。また、医師の指示には必ず従うようにしましょう。初期治療段階で安静にしていなかったりすると症状が悪化してしまうことがあります。

嘔吐の病気


鹿児島空港 レンタカー
鹿児島空港 レンタカー・レンタカー 鹿児島空港