嘔吐の原因ナビ TOP → 嘔吐の病気 胃がん

胃がん

胃がんにかかると嘔吐を繰り返すようになるし、嘔吐の症状がひどくなると胃がんにかかっている可能性が強いと言われています。このように、胃がんと嘔吐は非常に密接な関連性があると言えます。

胃がんは主に50〜60代などの比較的加齢層に多い病気です。ピロリ菌との関連性が深いと考えられ、決して軽く侮ってはいけない病気ですが、最近では早期の発見により完治できる病気として認定されています。しかし、慢性的な吐き気を伴うので症状としては大変辛く、肉体的にもきつい病気です。

胃がんはとにかく早期に発見されることが完治するための重要なポイントです。発見が少しでも遅れてしまうと、症状はどんどん重くなって取り返しのつかない結果になってしまいます。胃がんとは、がんの中では肺がんの次に危険な病気であり、ひどい場合には命の危機にさらされることもあります。

大事な命をちょっとして不注意から奪われないよう、胃がんには十分気を付けて日頃から意識を持つようにしましょう。「自分には関係ないこと」と軽視している人ほど危険なのです。

胃がんの初期症状に、「胃の不快感が続く」「食欲がない」「吐き気を頻繁に感じる」「貧血を起こしやすい」「何もしていないのに体重が減る」「胃もたれがする」などといったものがあります。ひとつでも心当たりを感じるものがあるのなら、進んで病院で診察を受けるようにしましょう。こうした健康への意識があなたの命を救うことになります。

嘔吐の病気