嘔吐の原因ナビ TOP → 嘔吐とメニエル病 メニエル病の検査

メニエル病の検査

メニエル病の治療を受けるにはまず検査が必要です。診断の際に本当にメニエル病にかかっているかを入念に確かめ、メニエル病と判断ができてから治療に進むことができます。

めまいを感じるとすぐにメニエル病だと思って病院に行く人は少なくありません。しかし、めまいはメニエル病だけに現れる症状ではなく、様々な病気に共通する症状です。めまいの原因を突き止めるには、脳神経外科や神経外科、内科などと様々な原因を想定しておかなければなりません。用心するに越したことはありませんが、めまいが必ずしもメニエル病を証拠づけるのもではありません。

こうしたミスを避けるためにも、めまいを感じたらめまい専門の病院に行くようにしましょう。症状を細かくチェックしながら、メニエル病にかかっているかどうかを判断します。

めまいの起こる原因はメニエル病以外にもたくさんあるため、まずは他の病気にかかっているのではないかとの検査を行います。心当たりのある症状を挙げて、それがメニエル病の基準に満たしていればメニエル病として診断されることとなります。

メニエル病の検査は、「立ち直り検査」「足踏み検査」「重心検査」「目振検査」「頭位目振検査」「温度目振検査」「グリセロール検査」「聴力検査」など、様々な方法をとって行われます。平衡感覚や聴力をチェックする方法が使われます。これらの検査を通して、ふらつきや難聴が目立つ場合にはメニエル病にかかっているという条件を満たしています。

嘔吐とメニエル病