嘔吐の原因ナビ TOP → 嘔吐とメニエル病 メニエル病の症状

メニエル病の症状

「天井や周りのものがぐるぐると回っているような感じがする」
「なんてことのない段差でもつまづいたりしそうになる」
「立っていることすら辛く感じる」

このような症状に心当たりがあったら、メニエル病にかかっている可能性があります。そんなときには、なるべく早急に病院に行って診察を受けるようにしましょう。自分の行動はもちろん、周りの人のサポートも必要となってきます。めまいや耳鳴りなどで普通の行動がとれなくなり、そのために自分で色々とやっていくことが困難なものとなっていくからです。一人暮らしの人は異常に気付くのが遅いうえに周囲に助けてくれる人がいない状態なので、特に注意をする必要があります。

前ページでもご説明したように、メニエル病と激しい回転性のめまいや耳鳴り、難聴などで普通の行動が苦しくなる病気のことを指します。めまいや耳鳴りだけでなく、嘔吐をしたり暑さや寒さに過剰に敏感に反応したりと、至る所で苦痛を感じることとなります。

また、めまいや耳鳴りや難聴は、それぞればらばらに起きるのではなく一度に起きるものなので、立っていることはもちろん座っていることにさえ苦痛を覚えます。こうなってしまうと寝たきりで回復を待つしかありませんが、トイレなどに行くときなどは歩くことさえおぼつかなくなるので、這っていくことがやっとという感じになります。

期間は数時間から数日、数日から数カ月と、人によって長さは異なります。また、これで命の危険に関わったりすることはないのでそれほど心配はいりませんが、発見が遅れたり症状が極度に悪化する場合は多少なりとも危険は覚悟しなければなりません。

嘔吐とメニエル病