嘔吐の原因ナビ TOP → 子供の嘔吐 腹痛を伴う嘔吐

腹痛を伴う嘔吐

新生児から成長して嘔吐をする場合は、もはや一過性のものとは言い難いので注意しましょう。特に子供は体力的にまだ弱いので、ちょっとした病気に大きくダメージを受けることがあります。

特に子供が腹痛を訴えながら嘔吐をするときは気を付けてください。便秘ならまだしも、下痢などの症状が見られたち嘔吐物に異常が見られる場合は何か病気にかかっている可能性があります。

子供が腹痛を訴えて嘔吐をする場合、排便がなければ便秘が腸閉塞です。便秘の場合はまず子供のお腹を温めてあげて、水分を摂らせたりビタミンCを含んだ食べ物や飲み物を与えたりして排便を促してあげましょう。便秘は長期に及ぶと激しい腹痛を及ぼすので、1日1回きちんと排便ができているか確認するようにしましょう。腸閉塞の場合は病院に連れて行って診察を受けるようにしましょう。速やかに対処をするのが最善策です。

腹痛の原因が便秘程度ならまだしも、楽観視できない病気にかかっているケースもあります。子供が嘔吐をするときは嘔吐物に異常がないかを確認するようにしてください。嘔吐物の黄色い家気に黒いブツブツした小さな物体が混じっていたら自家中毒にかかっている可能性があります。

また、下痢をする場合も注意が必要です。水っぽくて水っぱいようなにおいのする下痢を出す場合はロタウイルス腸炎にかかっている可能性があります。

さらに発熱やせきやのどの痛み、寒気などを訴えながら嘔吐をするときはインフルエンザや虫垂炎などにかかっていると考えられます。症状をよく観察して病院に連れて行きましょう。

子供の嘔吐


バーベキュー レンタル
《BBQ(バーベキュー)レンタル》東京都内近郊、格安食材有り!手ぶらバーベキューなら設置から片付けまでお任せのBBQわーるど!