嘔吐の原因ナビ TOP → 嘔吐の基礎情報 嘔吐とは

嘔吐とは

まず、嘔吐とは一体何なのかについてご説明します。

簡単に言うと、嘔吐は口の中からものがドロドロした状態になって出てくることです。そして口の中のものとは胃の内容物です。ほとんどの状態において体調がすぐれないときに私たちは嘔吐をするようになります。

ほとんどの場合、嘔吐は過度の運動や運動不足、飲酒などから触発されるものです。また、最も一般的なものには食べ過ぎが嘔吐を招きます。これらの要因が脳内の「嘔吐中核」を刺激することから私たちはいわゆる「吐き気」をもよおし、抑制することができない状態になって嘔吐をしてしまうのです。

また、車や電車、船などの乗り物に乗っていて吐き気をもよおし、嘔吐をする場合もあります。これは乗り物の揺れによって気分がすぐれなくなることから「酔い」とも言います。さらには極度に暑い天候の下にいるときや恐怖映画で精神が圧迫されるとき、その場の環境の空気やにおい、あるいは他人が嘔吐をしているのを見て自分もはきたくなってしまうなどといったケースがあります。ここからわかるように、嘔吐の要因は実に様々です。

嘔吐の直接の原因である吐き気は、大体の場合において反射的に催すものなので、自分の意思でコントロールできないというのも特徴の一つです。摂食障害の人によくあるケースで、喉の奥に手を入れて嘔吐中核に刺激を与えて嘔吐をすることがありますが、自然な形での嘔吐よりずっと確率が低いものとなります。

嘔吐の基礎情報


事務服 ジャケット
事務服のジャケットなら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!

タキソテール 副作用
タキソテールの副作用なら医療関係者向けの製品情報サイトで!